瞬きを忘れて

関ジャニ∞丸山隆平さんのファン

言葉はさんかくでこころは四角だな

こんばんは。

 

最近寝る前にすばるくんと関ジャニ∞のことを考えて眠気がどこかへ行き寝不足になり、眠れたと思ったら夢にまで出てきて泣きながら目が覚めるみたいな日を過ごす頻度が増えてきました。

 

そろそろ心が限界なのだろうと思います。

そこで「今の気持ち」という題で作文を書きたいと思います。

ブログタイトルはくるりの曲です。

心で思ってることは半分くらいしか言葉にできない的な意味だったと思います。

ほんまそれやなと思ってタイトルにしてみました。

 

自分で題を「今の気持ち」って決めたものの混沌としていてどこから書けばいいのか迷いますね。だから文にしてみようと思ったのです。

インタビューを受けてるつもりで考えたら1番最初に出てくるのはやっぱり「すばるくんやめんとって欲しいな」「なんで辞めてまうんかな」です。もちろん他にも色々あります。ただ長いのか短いのか分からないですけど、これだけ時間が経ったにも関わらずそこからは動けずです。

 

なんでそう思うのだろう。

 

すばるくんは今後の人生を考えた時に音楽を突き詰めたいと思ったからジャニーズ事務所を退所する。それに伴って関ジャニ∞も脱退という形になる。

そういう言葉を何回見たり聴いたりしたことか。

 

それは関ジャニ∞にいながらでもできるかできないかで言うとできなくはないとすばるくんは答えたけども結論は辞めると。すばるくんは命がけで関ジャニ∞をやってきたと会見で言ってて、すばるくんの命は1つしかないから関ジャニ∞と音楽の追求を同時に命がけでやることはできないということを言いたいのかなと受け取りました。

言ってることは分かるけど言葉が綺麗すぎてなんかしっくりこないというか、あまりに理想的な表現で現実的な感じがしないというか、なんか兎に角納得できなくてモヤモヤしていました。最初はショックで受け入れ難いからモヤモヤしているものだと思っていたけど、強い悲しい感情が落ち着いた後もそのモヤモヤはずっとあってこれは時間が解決するモヤモヤじゃないのかもしれないと思っていました。

 

そこでちょっと最近自分の中で引っかかったことがあって、スバラジですばるくんが「ストリングスがあんまり好きじゃない(自分の歌でその役割を担いたいから)」と発言したことがあって、あぁそういうことかなと思うようになりました。

 

今思い返せば以前スバラジで「必死になってダンス踊る良さが分からへん」的なこと言ってたりとか、映画の番宣での態度で謝罪文書いたこととか、いつからかオモイダマの力のこもってない歌声の感じとか、歌番組であんまり踊る気ないんかなっていうパフォーマンスだったりとかそういう違和感は今まであったなって思いました。今思えば元気が出るライブのオーラス挨拶でも、8人だろうが7人だろうが6人だろうが関ジャニ∞関ジャニ∞ですって言ってたのも大倉が休む休まへん関係なくすばるくんの想いだったのかなとか、それはちょっと都合よく解釈しすぎかもしれないですけど…。

 

ファンになってから今まですばるくんは嘘がつけない人だなという風に見ていました。何が嘘で何が本当かなんてファンには分からんものだとは思いますが、これといった根拠はないけど直感でそう思っていました。だからこそその違和感に説得力があって、私の知らんところや気づいてないところにもそういうのが散らばっててそれらも含めて、今後の人生とアイドルの人生を考えた時に今回の決断に至ったのだなと自分の中で腑に落ちました。

そう思うようになったらすばるくんが会見でこの決断に至ったキッカケを問われた時に「キッカケというものは特になくてこの21年間全て」と言ったことにも納得できるなと思ったし、すばるくんソロコン生き生きしすぎててどっかいってまいそうやなって勝手に自分で思ってたのもしっくりきました。

 

あとは、すばるくんが自分でやりたいと思うことがより強くなってもうグループではいられないと判断したのかもしれないと思いました。ストリングスの役割を自分の歌でやりたい!と言っていたところから考えたら、もちろんグループでは自分の意見だけを通す訳にはいかないし、自作の曲はいくつかあるとはいえ、楽曲を提供してもらってそれらを咀嚼してアウトプットするということがほとんどなのでそんなに自由度はないから、音楽を追求したいすばるくんにしたら今の状況はとても窮屈なのかもしれないなと感じました。

 

だったら、自分たちで作った曲でCD出すことを目標にしたり、グループを拠点にソロで活動したりしたらいいのになって思ってしまうけれど、そういうことじゃないんだろうな。そういうレベルの話ではないのでしょう。

 

だから最初に「すばるくん辞めんといて欲しいな」って思うって書いた自分の気持ちはもちろんあるけど、でも「頑張って欲しいな」っていう気持ちがあの日よりは素直に出てきた感じはします。「なんで辞めてまうんかな」という気持ちは多少薄まったかなと思います。自分の中で都合のいいところに落とし込めた気でいるからです。関ジャニ∞でいて欲しいけどでもしゃあないよなっていう諦める気持ちも芽生えてきました。ファンの私ができるのは、この状況を受け止めて自分の望みを諦めて応援し続けるか、もうファンを辞めるかのどっちかを選ぶことくらいしかないです。できれば辞めたくないからどうしたらいいのかこうやってもがいてしまいます。

 

会見の言葉で納得できなかった私は、今こうやって自分で見つけたヒント的なものを頼りにいかに諦めるのにしっくりくる理由がつけられるかってやってるけど、結局でも私が1番知りたいのって本当に野暮ですけど、関ジャニ∞のメンバーが「しつこすぎるくらい止めた」とか「疑問は全部ぶつけた」っていう時のそのすばるくんの答えをすばるくんの口から聞きたかったなってところだと思います。それが聞けたら今より納得できるのではないか?と思うからです。本当に野暮です。たまに自分がアイドルのファンやってて欲まみれで嫌になる時があるんですけど今がまさにそうです。せめてすばるくんの言葉で諦めさせて欲しいなと思ってしまいますね。

 

もう1か月を切ってしまったな。

GR8ESTアルバム買ったのに袋からも出せていません。

7月14日までこのままなのでしょうか。