読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瞬きを忘れて

関ジャニ∞丸山隆平さんのファン

関ジャニ∞のシングル「NOROSHI」の感想

12月7日発売の関ジャニ∞37枚目のシングル「NOROSHI」どうでしょう。

どうですか。私はめちゃくちゃ好きです。感想を書いていきます。

 

 

f:id:chiroxxxmaru:20161216013448j:plain

NOROSHI

イントロベースから入るって…ベース音だけから入るって…しかもシングルのA面やで…ベースで終わるのも…。こんなの好き以外の選択肢なかった。しかも私が好きなブリブリ系の音してる!通して指弾きなのもかなり良い。ベースラインめっちゃかっこいいなぁ。

色んな音楽番組で演奏してるところ見たけど丸ちゃんベース上手くなったなって思った。去年のツアーのハイスピ~勝手に仕上がれはもう手に汗握りながらうまくいきますようにって祈るように毎公演ライブで見てた。けど今回のこの曲では丸ちゃん涼しい顔(超イケメン)してスラップキメててさ…練習したんやろうなぁ…。ストラップの長さもちょっと長くなっててよかった(笑)テレビの演出が生演奏か当て振りかは正直私にはようわからへんけどどっちでもいいくらいかっこいい。まだ今回のツアーは観に行ってないから早くこの曲演奏してるところが見たい。NOROSHIぶち上げたい。

ツボなのが1オクターブ下歌ってる大倉。めっちゃピッチの安定感ある。そして下ハモ丸ちゃんの上ハモヤスくん。ハモり職人大山田が輝いてる。こんだけ下の音域アツいから曲のメロ自体の厚みも出てくるわけでして。そしたらやっぱすばるくんの声がおのずとよく映えるなぁ。たまらん。お酒が進む。

2番Aメロ最高ちゃう?「望んだまま手にするは”女王”」の丸ちゃんの歌い方は言わずもがな好きやし次の「手を引くのは”以下、その他”」って歌うのがヤスくんてもう山田ーーーーー!!!!!歌割ありがとーーーー!!!!!MVでは丸ちゃんとヤスくんがすばるくんと亮ちゃんを挟んで両サイドにいてて、神社の狛犬みたいでそれこそ阿吽の山田まじ!!!!!!!興奮する!!!!!

ちょっともう好きなところ言い出すとキリないからこのへんで。

 

 

f:id:chiroxxxmaru:20161216013705j:plain

2016.10.25 session movie

ヤバない?(語彙力)めっちゃ求めてましたこういうの!こういうエイトがずっと見たかったしこれからももっと見たい。インスト好きやなぁ。もっといろんなパターン見て聴いてみたいなぁ。曲の雰囲気がなんかGeorge BakerのLittle Green Bagやん。好きやん。すばるくんがウイスキー飲みたくなるって言ってたのめっちゃわかる。お酒飲みたくなるのわかる。ドラムのタムが多いのと軽快なベースライン最高。

亮ちゃんが仕切ってやってたけどちゃんと頭の中に完成形があってそれぞれに指示出しててめっちゃかっこよかった。着てはるお洋服に思いっきりHELPって書いてたけど(笑)亮ちゃんってサックスもそうやけど、ちゃんとなんかこうある程度のクオリティに持ってきてから「俺実はこんなこともできます!ジャーン!」って感じで色んな側面見せてくれるからほんま好き。サプライズ。

曲に対して的確な意見投げられるすばるくんにもときめきしかない。グルーヴの話してた…もっとしてグルーヴの話…。ほんですばるくんヤスくん亮ちゃんのギター3人衆の音色がかなり好き。ジャキジャキしてて軽やかでええなぁ~。この3人でのインストも1回聴いてみたい。それぞれ自分がリードやるパート考えて…素敵やん…。

 

 

f:id:chiroxxxmaru:20161216013735j:plain

Blackof night

ヤスくんが作詞・作曲するだけで間違いないっていう信頼と実績があるのにMVの演出や衣装、ダンスにまで関わっててなんて天才…。しかもそれがちゃんとツボついてきてくれる。ヤスくんの株あがりまくり。第一印象ではONのオープニングにハマりそうな曲調やなという感じ。

どこかの雑誌でメンバーが「ヤスくんは客観的に見ることができててすごいと思う」みたいなことを言ってて、客観的にどうかってこっちサイドの話であって当事者たちじゃ客観的に見られてるのかどうかってわからんくない?ってねちっこく引っかかってもうたところがあったのですが。そんな突っかかりさえも持って行ってくれた安田章大さん…エイトのポテンシャル引き出してる…。ヤスくんって天然っぽいけどそれだけじゃないのが今回ひしひしと伝わってきた。見たことない関ジャニ∞を見せてくれそう、これからも。ヤスくんが関ジャニ∞でよかった。

歌割も新鮮でいいな。大倉と亮ちゃんが下ハモやで。亮ちゃんが!下ハモ!tornを下ハモにもってくるヤスくんの頭の中ってどうなってるんやろう。こういうパターンもいけるんや!って思わせてくれる。ファンに新鮮さ与えてくれるのが総合プロデュースを手掛けるメンバーってなんて幸せなことなんやろう。

歌詞はパッと読んだ感じでは暗闇のラビリンス(=迷宮)から出る気のなさげな主人公「僕」と「君・あなた」に侵食されていく主人公「僕」。「僕」は「君」を追いかけてたらいつの間にか「暗闇のラビリンス」にいてて「元の世界を見失う」んですね。歌詞だけ見てたら「永遠に出られない」って書いてるから「出ることができない」ということは「(出たいと思ってるけど)出られない」んやろうかって思ってMV見た。そしたら最後暗闇の中に光が差し込んでくるにも関わらずみんな下を向いて光から目を逸らすやん。チャンスやん、暗闇のラビリンスから脱出するチャンスやん?でも目を逸らすってことは最終的に出る気ないのかなって「僕」は。

じゃあなんで出る気ないんかなって思ってまた曲を聴いてみたら「さめない夢の中で笑う君はまるで悪魔」「止まない雨の中で泣いてる君はまるで少女だ」「とりつかれてけがれた花(=君?)の中で壊れてく」って出てくるわけですよ。もしかして「君」は元から「暗闇のラビリンス」の中にいるんかもしれへん。「いつからか元の世界見失った僕たちは」って複数形になってるけどそう思ってるのは「僕」だけなんじゃないの?とか。最初は「君」を元の世界に連れ戻そうとしていた「僕」やったけど、だんだんそれに「僕」は気づいて光から目を逸らすのかな…。それかこのまま「君」と一緒にいられるのならば、と元の世界に戻ることを「僕」が諦めたという表現なのか。「ずっと繰り返すmistakes」「ずっと止まらないmistakes」っていうことは間違いと分かっていながらも「僕」は暗闇のラビリンスに入り込んでいくってことかな?最初に「カラダに巻きつく罪のトゲ もう何も感じない」って歌ってるし…。ちょっとよくわからないです!!!!!(放り投げた)

歌詞の解説して欲しいけどまぁせんやろうなぁ。けど色んな風に考えられるのは楽しいね。考えたがりの脳みそフル回転やけど国語苦手やから難しいヤスくんの世界観。よく作り手が言う解釈は人それぞれですかね…。

 

ハダカ

横山さんの作詞、すばるくんの作曲。横山さんの書く歌詞ってかわいいよなぁ。等身大って感じが好き。ハダカってありのままみたいなことかな?横山さんもすばるくんも器用で複雑というよりも不器用でストレートで素直な感じするからなんかこの曲聴くとよこすばやなぁってほっこりする。あと横山さんの下ハモが聴ける!すばるくんの声もなんとなくリラックスしてて笑顔で歌ってるところが想像できる。すばるくんの作曲も途中で三拍子になって曲調変わるところがおもしろいし、ハーモニカとトランペット入れてくれるの最高!横山さんがトランペットやるってなって、JUKEBOXの本番やメイキングでほんまに嬉しそうに横山さんのこと見守ってるすばるくんの顔が1番に思い浮かんだ。

 

Winter Love Song

キターーーー!!!!!ブリリアントブルー、蒼写真、FftEでおなじみの葉山拓亮さんキターーーー!!!!!もはや葉山担の私からしたら今回のこの曲も最高です。相変わらずオケのつけ方が素晴らしい。チャイムもいいなぁ好きやなぁ。あったかさの中に切なさが少しあって、それは冬ならではの切なさでキュンキュンする。ヤスくんの歌い出しの「時が過ぎてもまだ それは変わらないまま」の「それは」の「は」がめっちゃかわいい。「は」っていうより「ぅわっ」って感じ。ふわふわのクッションの上に優しく「は」を乗せてくる感じある。最初のヤスくん→丸ちゃん→亮ちゃんの甘い歌声ホットラインに歓喜です。転調してからの曲の広がりもめちゃくちゃ好き。広がっていくんやけどメロディ切ないやん。葉山さんの曲ってどうしてこうも切ない感情のちょうどいいところをくすぐってくるんかな。これからも関ジャニ∞を末永くよろしくお願いいたします。

 

ふわふわポムポム

作詞・作曲丸山隆平ということで。意味わかれへん。意味なんてない。イントロはエレクトリカルパレードのパロディかな。きゃりーぱみゅぱみゅとマルマルモリモリと水曜日のカンパネラとももクロを混ぜて丸山隆平ふりかけたって感じ。目が完全に据わってる丸ちゃんの顔が思い浮かぶ。個人的に亮ちゃんのレッツドゥーイッ!とヤスくんの大好きウミウシ~に救われてる。これ誰が理解できるんや…。なんかこれ食べれるん?っていう見た目の料理出されて味も食感も全く想像できひんくて、一口食べてみるんやけど、食べてみたのに味全然わからんくて、とりあえずごっくんしたって感じ。

終始何言うてんの?って曲やけど丸ちゃんもよく色んな人から何言うてんの?って言われてる気がするからそうなのかもしれない。何がそうなのかはわからない。何もわからない。マクベスの時にも思ったけど丸ちゃんはやっぱり宇宙や。この曲を読み解こうと思ったらえらいことになりそうやから、今回はちょっと私は地球から見守っておくね。欲を言うならばもし次に曲を作る機会があればOne day in winterみたいなポエミーなのを待ってるね。それにしてもなんでかこの曲全然意味わかれへんのにまた聴いてまうし、気づいたら口ずさんでるからスルメ曲やな。電車乗ってる時にシャッフルでこの曲流れてきて真顔でつり革掴んでる時間が思いのほか好きやったりする。丸ちゃん好きやで。

 

いやぁ、シングルなのにこのボリューム!個性的な曲たち!私は大満足!毎日聴いちゃう。今までで1番好きなシングルと言っても過言ではない。ライブで聴けるのが楽しみ。もうすぐ私の初日がくる。

 

今回のシングルでヤンマーの強さを思い知ったなぁ。かっこいい。引っ張ってってくれてる感じするし、ついて行きたい!とも思わせてくれる。かっこいい。ヤンマーかっこいい。好きや。これからも引っ張ってって欲しい。

 

おやすみなさい!