瞬きを忘れて

関ジャニ∞丸山隆平さんのファン

丸ちゃんの追伸が好きすぎるので本にして欲しい

こんばんは。

なんとなくブログを書きたくなったので書きます。

今日はあんまり調子がよくない。

何が悲しいのか分からないけどポロポロ涙が出ます。

めっちゃ悲しい。

頓服の薬飲んで、泣きながらご飯食べてお風呂にも入って髪の毛も乾かした。

赤ちゃんの夜泣きみたいですね。なんか分からんけど心がさみしいみたいな(随分ポエミーな表現)。

 

こういう時は今までスクショした丸ちゃんのレンジャーとか丸の大切な日を読むようにしてる。

だいたいレンジャーの追伸で泣く!

丸ちゃんは私のことなんか知らんはずやけどなんか沁みるよね。

そのままでいいよ~大丈夫やで~って言ってるように見える。

1番安心するよなぁ。そのままでいいよってね。

最近はテレビ自体もあんまり見てなくて丸ちゃんのことを知るのはwebがほとんどなんやけど丸ちゃんの文章には温度があるなぁと思う。

こんなこと言うのきしょいな~と思うけど(笑)

けどほんまにそう思う。だからジーンってするんやと思う。

きしょいついでに言うとなんかよしよしってしてもらってる気になる。

寄りそって貰ってる感じになる。

私も丸ちゃんみたいになりたいな。そんなのが得意な看護師になりたい。

 

最近丸ちゃんがご飯の写真をアップしてくれてるからちゃんとしたご飯食べないとなと思う。

好きなもの1日2回食べる日があってもいいかもと思わせてくれた(笑)

 

Twitterもあんまり浮上しなくなってしまったな。

今日1日家に引きこもってなんにもしてなかったのに疲れたな。

丸ちゃんのこと好きでよかった。

ここ最近のレンジャーのなかで「ボートを屁をこきながら漕ぐのだ」っていうタイトルが好き。

 

おやすみなさい。

また丸ちゃんの言葉に助けてもらった話

休職が明けてから1か月弱が経ちました。

仕事には行ける日もあれば行けない日もあり…という感じです。

自分の考えを整理しながら表出するのはブログが1番好きなのでここで吐き出させてください。

 

私的には薬は飲んでるものの眠れているし仕事も時間は短いし休むことはあるけど、行ける日もあるしちょっとずつ調子を取り戻せてるかも!と思っていました。

 

けれどもこの間、受診したら薬が増えてしまいました!

めっちゃ悲しい。自分的には周りに迷惑かけてしまうことを気にしつつも、ゆっくりゆっくり無理しないように慎重にやってるつもりやったのになぁ…。

復職してからめちゃくちゃ疲れやすくなったのと、寝つきはいいけど夜中2回くらい目が覚めることを先生にポロっと話したら「それ眠れてないんじゃない?」と言われました。

 

今思えば確かにせやなって感じです。SEYANA。

私が看護師の立場でそういう患者さんがおったらそう思うもんな。

全然自分のことアセスメントできてへんねんけど!看護師のくせに!って思われたかな。私は思ったな。情けないな。

 

それで昨日の夜、薬飲んだのに全然眠れなくなっちゃって、病院行くようになってからこんな夜は初めてだったので焦りました。本当に一睡もできひんかった。ぐるぐる色んなこと考えてしまって怖かった。薬飲めば寝れるという私の中のお守り的な方程式が破壊された一夜でした。

 

朝になって目はギンギンやけど頭はボーッとフラフラしてたので仕事も休ませてもらいました。お昼ごろに少し眠れてホッとして、また仕事を休んでしまったという罪悪感と自分の役立たずさに打ちひしがれて1日を過ごしました。

 

そこでそんな私を助けてくれるのがやっぱり丸ちゃん。

何気なくカメラロールの整理をしてたらスクショしてた丸の大切な日が出てきて読んでたら引っかかったのがあって、9/6更新分の内容が優しすぎて泣いた。

なんかいつもと違う文章の書き方するなぁと思ってスクショしてたやつでした。

疲れたら一休み、焦ったらまた一休み。

存在してるだけでオールオッケー!って。

身近な人たちに現状は伝えてるものの自分の気持ちは言う勇気なくて親には心配かけたくなくて病院の先生には良い事ばっかり言いたくなっちゃって、自分の中で悶々と溜め込んでたから丸ちゃんの言葉で緩んだなぁ。

 

スーパーヒーローの丸ちゃんアイドルでいてくれてありがとう!すき!

f:id:chiroxxxmaru:20180928230547j:plain

おやすみなさい。

 

丸ちゃんがスーパーヒーローたる所以

こんばんは。

GR8ESTの大阪公演の感想がまだ全然書けていないのですが先にこちらを書きます。

 

私は丸ちゃんのファンになってから度々丸ちゃんに助けてもらったなぁと実感することがあります。この度はヤスくんにもだいぶ助けてもらいました。最近そんなことがあったのでブログに書いてみます。

 

私は看護師をしているのですが7月の末くらいから仕事を休ませてもらっていました。具合悪いなぁと思いだしたのは6月の末くらいで、具合悪いなぁって思ってた症状としてはこんな感じでした。

 

・夜眠れない

夜勤もしてるから仕方ないと思ってた。すばるくんのこともあったし、仕事についても寝る前に考えることはいっぱいあった。睡眠に対する気合が足りないのかと思ってた。

・気分転換が上手くできなくて気分が落ち込む

すばるくん最後のテレビ出演が連続で7月の最初の方にあったからそれでそうなってるんやと思ってた。あとは元々ネガティブで悶々と考え込んでしまうのは自分の性格上仕方ないと思ってたから「今回は気分の落ち込みが長いな」くらいにしか思ってなかった。

・ご飯食べてる途中とかお風呂入ってる時に無性に悲しくて涙が出た

これも気分転換が上手くできてないからちょっと疲れてもうたんやと思ってた。これまでもたまに自責の念とか自己嫌悪で泣いてしまうこともあったしそれかなと思ってた。ただ頻度が高いなという感じはあった。

 

元々精神状態あんまり安定してないタイプというかコントロールが下手くそというか、低空飛行タイプ(?)やからちょっと何かあったらすぐグラグラして落ちてしまうっていう自覚はあったもののまぁいつものことやろうと思ってそのままにしていました。

 

それで休むことになったのは心療内科を受診して主治医の先生に診断書を出されたからなんですけど、受診しようと思ったのは上の症状に加えてこんな症状があったからでした。

 

関ジャニ∞を見てても楽しくない

それはもうすばるくんのことがあったから自分の気持ちが関ジャニ∞から離れていってるんやと思ってた。オタク人生ももうここでおしまいか~とか思った。

・仲良しの同僚と出かけても楽しくない

大好きな先輩とご飯に行っても楽しめなかった。笑ってるけど心ここにあらずという感じで、はやく1人になりたい…って思ってた。家に帰って1人になっても楽にはならない。

 

さすがに眠れないのがしんどくて、仕事の前日や当日は眠れなくて予定のない休みの日は1日中寝て潰れるみたいな生活になってきて「睡眠導入剤出してもらお」ぐらいの軽い気持ちで受診しました。看護師やってたから心療内科の敷居の高さはそれほど感じませんでした。今思ったらメンタルの不調のほとんどを関ジャニ∞のせいにしてて我ながら酷いなと思います。(まぁでもそれくらい自分の中で衝撃的な出来事ではあった!)

 

そんな感じでいくつかの種類の薬をもらって1か月と少し休職しました。

仕事してる時はあんまり毎日チェックしてなかった丸ちゃんのwebの連載「丸の大切な日」が楽しみで12時過ぎたらチェックするようになりました。

 

そんな中で7月29日の丸の大切な日がタイムリーに心に響きました。

タイトル「居場所。」文章は載せられないけれど、「心が疲れてる時は無理に抵抗しなくてもいいと思うよ」「ここが居場所になりますように」というような内容でした。

 

丸ちゃんがどういう意図でどんな人に届けようと思って書いた文章かはそこからはよく分からなかったけれど、私にはそんな風に届いてジーンとして涙が出ました。自分では無理してるつもりなかったけれど、心は疲れてたのかな、気づかなかっただけでしんどかったのかななんて、ちょっとだけ自分のことを労われた気がします。そして丸の大切な日の更新を毎日楽しみにしてる私にとって、そこを居場所と言ってもらえたことがとても嬉しくてホッとしました。

 

中堅と呼ばれる年数になって後輩もどんどんできて上司との板挟みになる真ん中、いつもの業務や看護以外にも委員会やその他の活動もあって勉強会や研修、これから新しく覚えなきゃいけない仕事と振り返ればプレッシャーはいっぱいあったなと思いました。

 

今自分がどんな状態でなんでそうなっちゃったかを客観的に考えるきっかけは間違いなく丸ちゃんのおかげだったのでもう感謝してもしきれないほどです。とても救われたなぁと実感しました。みんな何かしら大なり小なりしんどいことがある中で頑張ってるのに頑張れない自分のことをちょっとだけ許せた気がします。なんで丸ちゃんってこんなに優しいんやろうか。

 

それからヤスくんの「ボク。」を読み返しました。7月5日の「ボク。」に「経験値は武器」「心の止まり木」というワードが出てきて逞しいヤスくんの精神に敬服すると共にまたここでも救われました。アイドルのヤスくんが自分の「100%じゃないところ」を見せるのは相当勇気がいったと思います。

 

でもそんなヤスくんが気持ちをありのままに文字にしてくれて、なんというか、勉強になりました。私は自分で生きるのが下手くそやなと思ってて、それでどうしようもないこと考えたりもっと要領よくやりたいなと思ったりしてて、だから経験値は武器なんて思ったことなくて、そんな風に考えられるように努力しようと思いました。

 

あとは弱い自分を見せる強さをヤスくんからは感じました。これが自分!嘘じゃない本当のこと!ってスパッと言っててなんて強いんだろうと思いました。葛藤したり落ち込んだりしたことも包み隠さず教えてくれたヤスくん。周りのことを気にし過ぎて自分が見えなくなることがよくある私はスゴイな!と思いました。でもなかなか急にそんな風にはなれないなぁなんて思ったら、「心の止まり木になるよ」と書いていて寄り添ってくれるような文章に丸ごと助けられました。

 

ヤスくんはなんだか先生のようです。webの内容もコンサートの挨拶も私もそんな風に物事を捉えて生きられるようになりたいなと思うような人だなと思います。

 

山田からもらった言葉でめちゃくちゃ救われました。

私のことは1つも伝えてないのになんだかカウンセリングしてもらったような気分です。私は自分のことを話するのが苦手なのですごく優しく助けてもらった感じがします。自分の話してたらだんだん自分で自分のこと殴ってしまう!

 

もちろん丸ちゃんとヤスくんの言葉だけじゃなくてライブに足を運んで全力の関ジャニ∞を見て勇気づけられました。大阪公演が体調の安定してきた7月の終わりごろでよかったです。今ではすっかり関ジャニ∞を見て楽しい気持ちになることができるまでになりました。

 

そして日付変わって今日から職場に復帰します。

短時間から少しずつ。配慮してくれる職場でよかった。しんどくなったらどうしよう、居づらくなったらどうしよう…などとまた考えても仕方ないことを考えてしまいます。だめな癖です。

でもこれ書いてたおかげで夜悶々とせずに過ごせました。

丸ちゃん、ヤスくん、そして関ジャニ∞のみなさんありがとうございます。

こんなに自分のことゆっくり考えたの初めてかもしれないな!

丸ちゃんはやっぱりスーパーヒーローやな!

 

おやすみなさい。

 

f:id:chiroxxxmaru:20180903010005j:plain

今日のライブが終わって考えたこと

GR8EST8/25大阪公演のメンバーの挨拶を聞いて思ったこと。

 

大倉がすばるくんのことこれだけ時間が経ったけど釈然としないって言ってたの私も腑に落ちてないから同じような気持ちで嬉しかったけど悲しかったな。

 

会見の時は納得いってないんやろなっていうのはよく分かった。それからラジオでの発言とか聞いててなんかもう関ジャニ∞にしか分かれへんことがあるんやろうなとか思って聴いてた。けど今日の挨拶でそんなことなくて「なんで?」って気持ちを消化できひんままなのは、アイドルとそのファンという立場は違うけど一緒なところもあるんかなって思ってそこは少し嬉しかった。

でも勝手な希望やけどせめてメンバーには腑に落ちてて欲しかったというか、ファンには分からへん納得できる何かがあるんかなって思ってたし何かがあって欲しかったなって思って悲しかった。勝手に希望を抱いてたんやなって気づいた。

 

それで丸ちゃんの挨拶を思い出して「みんなも職場の人が辞めたり異動したりする。それと同じようなことが僕たちにも起こったんやなって思ったりした。」みたいなことを言ってて、そう考えたら自分の経験としてもなんであの人辞めたんかなぁもっと一緒に働きたかったなって思いながら送り出したことがあるから、こういう状況ってそういう視点から見たらあって当然のことやなって思った。ただすばるくんの場合、私は同僚じゃなくてファンやから思うことも感じることも違うけど、視点を変えたら今の「なんで?」が宙ぶらりんなままの状況にちょっとだけ納得がいった。確か丸の大切な日でも同じようなことを書いてた日があったけど今になってようやく意味が理解できた。

 

私は「なんで辞めたのか」っていう答えを明らかにしたい、なんですばるくんは教えてくれへんままなんやろってずっとモヤモヤしてたけどもうそれは探しても答えは今は見つからんし、すばるくんの姿見てこういうことかって思うまではどうにもならんのかもしれへんなと思った。そういうこと考えて時間が経ってしまうならもっと目の前の6人のことしっかり応援したいなとも思った。

 

また時間が経てば違う気持ちになるかもしれへんしここに書いたのは一時的な気持ちで後でやっぱり…って変わるかもしれへんけど、ライブ終わって家帰ってきて考えたことを文字にしてたら止まらなくなったのでブログに書きました。

 

また大阪終わったら感想書きます。

KANJANI'S EIGHTERTAINMENT GR8EST 7/15札幌公演の感想※ネタバレあり

これはレポでもなんでもない感想です。

上手くできないかもしれませんが記憶や感情が新鮮なうちに文字にしようと思います。

 

ジャムコンのブログ書いてなくてめちゃくちゃ後悔したから…!あとツイッターで色んな意見を読むと自分の意思が飲まれて自分でも見えなくなるので今のうちに書いとかなきゃいけない気がしました。感じたこととかそういうの残しときたくて。あとこれからこの気持ちがどう変わっていくのかなって思いもあります。

 

セトリや演出などネタバレしていますのでご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生で初めて1人で飛行機に乗った。

関東から来る丸山担の友達と新千歳空港で待ち合わせをして。札幌は天気が悪いらしく私の乗ってる飛行機は30分くらい遅れて着陸した。友達の飛行機もどうやら遅れているようで、それを知らせる電光掲示板の前でその様子を見ていた。他の飛行機が続々と着陸していく中、長いこと連絡がつかず不安な時間を過ごしたけれど結局本来の1時間半遅れで着陸できて会ってすぐハグをするようなところから私のツアー初日は始まった。

 

無事合流できて2人で味噌バターコーンラーメンを本気出して食べた。本気出したので2人とも全然喋らなかった。めっちゃおいしかった。汗かきながら無言でラーメンすすったの今思い出してもちょっとにやけちゃうくらい良い時間やった。それでホテルへ向かいチェックインを済ませて、札幌ドームへ向かった。

 

もう全くもってどんな気持ちでライブを観たらいいのか分からないままだった。電車に揺られてドームに向かっているのに「これからライブや!」という気持ちにもなれなかった。不安と緊張と楽しみたい気持ちと、現実を目の当たりにするのだという少しの覚悟と、まだすばるくんがいなくなることが嘘みたいに思える気持ちと、これからの関ジャニ∞を応援していけるのかという弱気な感情がぐるぐると心の中を巡っていた。

 

ドームに到着して時間が厳しかったのでペンライトは買えずそのまま入場した。席は上手側のメインステージ寄りのスタンドで真ん中あたりの列だった。持ってきたファンサうちわを握りしめて開演の時を待った。バンドのセットがメインに組まれていたけど、フロントのスタンドマイクが3本しかなくて、そりゃそうなんやけど、そっかって思った。開演時間が近づいてきてエイトコールがどこからともなく始まった。札幌でこんな大きいエイトコールを聞いたのは初めてだった。17時を過ぎてもなかなか始まらなくて元気コンオーラスのあの時の感じがして怖くなったけど何のアナウンスもなく注意事項の映像が始まった。よかった。グレイテストベビーが喋っててベビー喋れんのかい!って友達と笑った。あれメンバーの声変えてるのかな。セリフの文字の色のメンバーがそれぞれ喋ってるのかな?と思った。

 

OP映像

かっこいい!めちゃめちゃかっこいい映像!それからなぞの天使が羽ばたいてった。分かってたけどやっぱり6人やんな、とすばるくんのいない人数を噛みしめた。

 

1.応答セヨ

関ジャニ∞のメンバーが出てきて一発目がこの曲だった。ジャムオーラスのダブルアンコールで初めて聴いた7人の応答セヨ。バンドで6人でツアーの1曲目に歌った応答セヨ。最初ユニゾンから始まるけどすばるくんの声がないなと思って泣けた。あんなに聞こえ方が違うんや。すばるくんおらんなって思った。すばるくんの声が聞きたかったなって思ってまた涙出た。正直、物足りなく感じたしこういうこと思ってしまって6人に申し訳ないと思って涙が止まらなかった。曲が終わって亮ちゃんが喋り出した。見慣れない景色だと思うけどそれはすばるくんがいた証だし、僕たちも見慣れない景色やって言ってた。すばるくんがおれへん違和感について例えようとして歯医者さんの話とかしてて亮ちゃんまだ1曲しかやってないのにめちゃめちゃ喋る。早口であんまり間をおかずに喋ってて、それくらいはやくファンのみんなに伝えたかったことなんだろうな。亮ちゃん優しくて愛しいなと思った。

 

2.ここにしかない景色

アカンなぁ。バンドは特にアカン。すばるくんを探してしまう。ごめん。そう思ってまた涙でびしょびしょになった。この曲なんかとくにすばるくんずっと歌ってるやん。声も良く聞こえるバランスやし。思い出しながらもまた泣けてきた。ここけし別にそんな思い入れないのにめっちゃ泣けるんやけどなんやこれ。後で流れてきたレポ見て大倉が泣いてたということを知った。「僕らは偶然の中で出会って 同じ時を共に生きている さぁここにしかない景色 ここにしかない幸せを今抱いて 大切な場所へ」っていう歌詞が沁みた。

 

3.NOROSHI

丸ちゃんのイントロとアウトロのベース大好きやのに泣いてて記憶にない。でもなんかめちゃくちゃいい音してんな~って印象だけは残ってる。この日「ほんまの喪失感味わうのって実際これからやと思うのでひとまず腹くくったつもりになってNOROSHI聴いた」って空港に向かいながらNOROSHI聴いてツイートしてたんやけど、完全にフラグ自分で立ててた。泣きながら回収した。「望んだまま手にするは女王」の丸ちゃんも「手を引くのは以下その他」のヤスくんもめちゃくちゃ好きなパートやのにな、どんな風やったか思い出されへん。リリースされてすぐ好きになって何回もMV見て、エイタメで2回も聴けるセトリになってて、ジャムコンでもバンドでセトリに入ってて、Mステで7人のNOROSHI見て、このライブ向かうまでにも聴いててそれでライブで6人のNOROSHI目の当たりにして。亮ちゃんの「手のひらが背に触れた」に全部持っていかれた。切なくてでも気合い入っててかっこよかった。

 

4.言ったじゃないか

ここまででも結構亮ちゃんの歌割多くて色々喋ってくれて曲振りまでしてちょっと心配になるくらい必死にめちゃくちゃ頑張ってるのがビンビンに伝わってきた。曲の途中のセリフ思いっきり噛んで間違った!って満面の笑みがメインモニタ―に映し出されてかわいいなもう~と思って笑った。笑顔が見られてよかったな~と、笑えてよかったと思った。言ったじゃないかの後やったっけな?丸ちゃん前のツアーでやってた元気印のやつやってた。なんか最後ベロベロしててめっちゃ笑った(笑)

 

5.なぐりがきBEAT

バンドバージョンでの披露だった。横山くんのトランペットの音があんまりうまいこと当たってなくて頑張れと念じた。今までダンスだけの曲やったのにこのタイミングでバンドバージョンでやっててびっくりした。

 

6.ココロ空モヨウ

亮ちゃんの今日天気悪かった話からのココロ空モヨウ!曲振りが下手くそでかわいくてかわいくてしょうがなかった。「まず傍にある嬉し楽しを一緒に数えていこう」っていう歌詞がよかった。心に響いた。

 

7.Heavenly Psycho

イントロで泣いた。泣くの我慢できひんくて涙出てくるのはやい。せっかく乾いてきてたのにな。「でもこうして繋いだ手ひとりじゃないね」の丸ちゃんの優しい声が聴こえた。7曲目にしてやっと丸ちゃんの歌声ちゃんと聴こえた感じがした。大倉の「また昇る太陽」の上ハモのすばるくんがめちゃくちゃ好きやったからさぁ、好きやったから、1人でそこ歌ってる大倉の声聴いたらまた涙が出た。もうヘブンリ―で大倉の上ハモってるすばるくんは見られへんのやなって実感した。「今は未来に向かう道の途中だ 泪にさえも戸惑うことなく希望を歌う」ってメッセージ性強くて泣かずにはいられへんかった。すばるくんはおらんのやなって思った。

 

8.BJ

ずっとずっとライブで聴きたかった曲。丸ちゃんが「旅立った日から今日までふと振り返ればやけに眩しいけどいつものことさ」の時に一瞬顔歪めたんやけどそれで泣いた。すばるくんのことが大好きで尊敬しててすばるくんがおったからベース頑張れた丸ちゃんの気持ちを思って泣いた。会見の時に好きすぎて何も言えなかったですって言った丸ちゃんを思い出した。いつもファンを気遣ってあんまり自分の事話さへん分、その一瞬に色んなことを感じた。「君に言えなかった言葉胸の奥で眠たそうに絡まって消えた」の横山さんでも泣いた。すばるくんのこと考えて大切やから飲み込んだ言葉もいっぱいあったのかなって思って泣いた。私がヒナちゃんのパートでめっちゃ好きな「永遠の意味さえ曖昧な僕ら だからこそ今抱きしめていたい」の部分、やっと聴けたと思って嬉しかった。ヒナちゃんめっちゃ声張って歌っててそこそんな力んで歌うとこちゃうんちゃうかって思ったけど、その時はその力強さにグッときた。「手にしたものは少なくないのにいつも何かが足りない」ってそんなんもうすばるくんやんって、またそこにおらんすばるくんに思いを馳せてしまった。

 

9.ズッコケ男道

曲振り横山くん。BJからのズッコケってこのふり幅に客席切り替えさせられるの横山さんしかおらんな。でも横山さん曲前に結構客席煽ってたのにBJ引きずりまくって全然声出されへんかったの申し訳ない。すばるくんのパート歌う横山さんめっちゃかっこよかった。ちょっと照れながら前に出てきたの愛おしいしかなかった。

 

10.無責任ヒーロー

ファイト!関ジャニ!無限大!エイト!の掛け声が好き。関ジャムでスカパラとセッションしてた時のすばるくんの顔が忘れられへん。「君の人生は誰のもの?」がずっしりくる。何回も聴いてきた曲やのにこんなに意味を噛みしめることになるとは。でも関ジャニ∞なら歌詞みたいになんとかしてくれそうな気がした。

 

11.LIFE~目の前の向こうへ~

いやもうセトリの情緒。泣くやろこれはもうしゃーない。「痛みこらえて負けそうでも歩みを止めない」関ジャニ∞の強さに泣いた。今の関ジャニ∞のテーマソングみたいに聴こえた。でもやっぱりすばるくんおらんなって思った。何回思うねんって思われるかもしれへんし自分でもそう思ってるけど、何回も何回も思った。最後に関ジャムの演奏ですばるくんがエイターって叫んでくれた声を頭の中で思い浮かべた。泣いた。もうすばるくんにあんな風に呼んでもらわれへんのやと思って泣いた。あの「7人最後の」生放送3日間ですばるくんがいなくなることを実感してたはずなのに、ライブに来てあの時の映像が頭の中に出てきてもうないんやでって現実を突きつけられてる気がした。ある意味それを求めてこのライブに来たはずやったけど、辛すぎた。

 

12.オモイダマ

曲いく前にバンドセットのお片付けがあってMCかな?と思ったら違ってた。よう分からん間があってツアーの初日を感じた。すばるくんのおらんユニゾン、すばるくんのソロパートですばるくんの歌声としての存在のでかさを突き付けられたな。ラララの前にいつもすばるくんがエイター!って叫んでたなって思って、また叫んで欲しかったけどもうその「また」はなくて涙があふれた。泣いてラララも歌われへんかったし横に手ゆらゆらさせるやつもできひんかった。思ってたよりも関ジャニ∞のすばるくんの歌声は私の中でかなり大切なことになってたっぽい。喪失感が酷い。

 

MC

何喋ってたっけ。ヤスくんがお着替えで先にはけたの見て、お芝居の話してたな。キスはリハからやる?っていう。あとはサタプラの話とかそれぞれの出てるドラマとか番組の話とかしてたな。順番に着替えてってステージ上がヨコヒナだけになった時の歓声が凄かった。私はMC中はなんか現実に打ちのめされてぽーっとしてた。丸ちゃんがかわいかったのは覚えてる。

 

13.今

音楽番組で何回もやっててジャムコンのセトリにも入ってた今。ヤスくん大丈夫かなってヤスくんばっかり見てた。今振り返ったらヤスくんはそんな風に見て欲しくなかったかもしれへんなと思った。高音の足りなさを感じてやっぱり7人の曲を6人で歌ってるところを見たり聴いたりするのは、色んなことに気づいてしまうから想像以上にキツいなと思った。

 

14.へそ曲がり

丸ちゃんがすばるくんのパートを顔を真っ赤にして歌ってた。めちゃくちゃ一生懸命で真っすぐで丸ちゃんのことまた好きになっちゃったな。丸ちゃん声がかわいいな。へそ曲がりといえばJUKEBOXでやすばが楽しそうに歌ってた映像が頭に焼き付いてて、そうやったなって思い出しちゃって、せっかく丸ちゃんがドームの中で同じ空間でこんなに全力で歌ってるのにここにいないすばるくんのことばっかり考えちゃう自分が嫌で仕方なかった。※他の人がどうとかじゃなくて「自分が」の話なので、すばるくんのことばっかり考えちゃう人を批判してるわけではないです。むしろそういう人がいたら同じような人がいててよかったって思います。

 

15.ER2

好きな曲!丸ちゃんのヘルプかっこよかった。それ以外は覚えてない。好きな曲なのにね。

 

16.がむしゃら行進曲

曲振り丸ちゃん。何言ってたかは覚えてない。大サビ全部丸ちゃんが歌ってた。どの曲も歌詞の意味とかを噛みしめてしまってダメですね。これも必然だったのかな。こんだけすばるくんすばるくんってなってたけど、この曲はあんまりそうならんかった。丸ちゃんの声がたまらんかったな。丸ちゃん大好き。沁みた。

 

17.わたし鏡

メインステージのど真ん中の階段あがったとこで弾き語り。メインステージ寄りのスタンドにいたから比較的高いところでやってくれてヤスくんがよく見えてよかった。ヤスくんのあの包容力はなんなんやろか。伸びやかな優しい声、ヤスくんのわたし鏡で、ここまで前のめりな感じやったんやけど、なんかちょっと空気変わった。ほっこりした。ヤスくんさすが地球男。なんかこんな気持ちでいていいのかなって思いながら立ってたところを救われた感じがした。心が揺さぶられるってこういうことを言うんやなぁ。

 

18.torn

2人が出てきた時に嘘やん!?と思った。そしてここでユニットコーナーに入ったことに気づいた。ユニット曲で歴代やってる率1位じゃないかっていうくらいのtorn大人気。仕上がってたなぁ。安定感に脱帽。

 

19.パンぱんだ

次は何やろう?ってワクワクしてたらメインモニタ―にパンダが現れて曲が始まってパンぱんだやー!って丸山担の友達とおっきい声で言うた。キャッキャしてしまった。恥ずかしい。めっちゃかわいかったパンぱんだ!まさかここで本家を見られるとは思ってもなかったな。語弊があるかもしれへんけどユニットコーナーは色んなこと考えずに純粋に楽しめてたと思う。

 

20.LOVE&KING

キング!また会えるとは!この曲楽しくて好きやからやってくれて嬉しかった。なんか布みたいなの使ってて演出が凄かった。語彙力がなくてもどかしい。tornの2人がサイドでバックダンサーみたいな感じで踊ってた。豪華なキング。楽しかった。ペンライトがないのを悔やんだ。予備の持っていけばよかったななんてこと考えられるくらいには楽しんでた。

 

映像

ゲームコーナーみたいな感じの映像。丸ちゃんとヒナちゃんがゴリラになってた。丸ちゃんが得意そうなコーナーだった。実際得意げな顔しててめっちゃかわいいかったな。罰ゲームはヒナちゃん。黒い箱にいれられて何されてるかは不明な状態で次の曲振りをしてました。

 

21.ひびき

今回のセトリの情緒どうなってんの(笑)どういう気持ちで聴けばいいんや。衣装かっこよかった。丸ちゃんは前髪重めでときめいた。かっこいいな。そんなこと考えて眺めてたら終わっちゃった。

 

22.涙の答え

歌詞があかん、すばるくんと関ジャニ∞の歌みたいに聴こえて泣いた。「何度も正解に追いかけられて眠れない夜を過ごしたね 一番星のような君のいない世界で僕は今星を見ていたよ」とかこらえきれへんかった。どこがどうやったか全然覚えてないけどバンド以外の曲は丸ちゃん結構主旋律歌ってる感じがした。

 

23.キングオブ男

定番のキングオブ男。メインステージの時はヤスくんのことを見てた。ムービングで移動していく中で亮ちゃん誰と突っ張るんやろうって思って見てたら、見事に全部1人で歌いきってた。なんか別にそういう曲じゃないやろうけど亮ちゃんが頑張ってる姿に胸をうたれた。

 

24.罪と夏

バクステで罪と夏。バクステ遠いからぼんやり見てたら横並びになってて、6人やなぁってジワジワ感じた。それからなんですばるくん辞めてしまうんかなってこの3か月ひたすら思ったことをまたここでも思って泣いた。ジャムコンでは7人でやってたもんな。思い出じゃなくて好きになってよって。ポップな曲でもこんなんになってしまうくらいもう心が疲弊してた。

 

25.CloveR

これもそのままのテンションで見てたから泣いた。バクステは遠くてよく見えへんかったから、ニズムのCloveRでまるすばの「ハートみたいな4枚葉にやっと出会えた気がして」のパートで丸ちゃんがそれはそれは嬉しそうに下ハモ歌ってたのを思い出して泣いた。丸ちゃんもう大好きなすばるくんとハモることないんやと思って。あんなに嬉しそうに歌ってたのにさぁ、キツい。キツいわ。

 

26.前向きスクリーム

全然もう覚えてない。記憶喪失かな。

 

あいさつ

メンバー1人ずつ挨拶。丸ちゃんが1~2割くらい今日のライブするのが怖かったって言ってて、少し気持ちを聞くことができて嬉しかった。怖がってた自分が少し恥ずかしいって眉毛下げてたけど正直な気持ちが聞けてよかった。もっと思ってること聞いてみたいなって思うことはあるけど、丸ちゃんはベースのこともそうやし今回のライブに対する気持ちもそうやし、あんまり現在進行形のネガティブな感情を見せへんところが丸ちゃんの中のプロの姿勢なんやなって思う。言葉じゃなくて行動とか表情とかWebの内容に反映されることはあるけど(そこがかわいいところ!)。全部事後で教えてくれるから強いなって思う。丸ちゃんがいつも通りアイドルしてくれる。だから私はそこに甘えて安心してメソメソしてしまうな、あかんなぁって思った。

 

27.大阪ロマネスク

歌い出しどうするんやろうって思ってたら全員で歌った。間違いないな関ジャニ∞。鳥肌立った。泣いた。すばるくんがおらんくて泣いたというよりも6人のことが好きで泣いたって感じかな。ロマネスクはまたちょっと今までとちゃう意味で泣けた。私の方こそこれからの関ジャニ∞応援するか迷うなって思ってたのが恥ずかしいなって思うようなロマネやった。

 

アンコール

Sweet Parade、パノラマ、あおっぱな

スイートパレード好きやから嬉しかった、けどロマネをずるずるに引きずっててアンコールはあんまり覚えてない。「色とりどりのチョコレート」「少し甘酸っぱいレモンのタルト」「優しいバニラの香るシュークリーム」が生で聴けて3人とも甘々でかわいかったのか最高やった。フロートは丸ちゃんは相変わらずのお尻側でした。(かろうじての記憶)

 

ニューシングルの紹介

ヤスくんが大事なお知らせがある的なことを神妙な面持ちで言った時の空気ヤバかった。静まり返って一気に緊張感に包まれたドームが。ニューシングルのお知らせでよかった。まじでよかった。ヤスス心臓に悪いことする。いじわるやった。でもかわいい(笑)

 

ここに

メッセージ性のある曲やなって聴いてて思ったのと6人の曲と思って聴ける曲は全然印象が違うかった。そりゃそうなんやけど。なんて言ったらいいんか分からんけど、楽な気持ちでフラットな気持ちで聴けた。よかった。こうやって6人で歌う曲が増えていったらまた別の気持ちも出てくるのかなって前向きな意味で思えた。その反面、すばるくんのいない関ジャニ∞が進んでいくことで、すばるくんのおった7人の関ジャニ∞がどんどん過去になっていく寂しさを感じた。ツアーが始まったこと、シングルが発売されることはそういうことと繋がるんやって実感した。

 

札幌公演入ってほんまによかったと思った。

振り返ったらすばるくんすばるくんって泣いてばっかりやったな。あんなにテレビ見てワンワン泣いたのにどんだけ泣くねん。すばるくんのこと探してしまっててあんまり目の前の6人に目を向けられてなかったなって反省した。どんな気持ちで参戦したらいいか分かれへんと思ってたけど、終わってみたらすばるくんはもうおらんという現実を目の当たりにしてやっと少しだけ実感が持てたのと、ファンに対する6人のアツい何かが伝わってきて不安をぶっ飛ばしてくれてこれからも応援していく気にさせてくれたことが今回、初日に入っての私の収穫かなと思う。

 

いっぱい泣いてなんでって思ってでも進んでることも実感してちょっとだけスッキリした感じもする。亮ちゃんがレンジャーで言ってたみたいにもう完全にしばかれた。しばいてもらった。しばいていただいた。そんな感じ。

 

とはいえまだまだメソメソしてしまうとは思う。しゃーない。

どんな感情になってもしゃーないと思えるようになった。

それは6人を応援していくぞって決められたからやと思う。

めちゃくちゃ大きい1歩になったと思う。

 

ライブが終わって居酒屋さんでビール飲みながら言いたい事をお互い言い合って、もうそれは言いたい事を言い合った。それからカラオケで友達がダビングしてくれたすばるくん最後のクロニクルと関ジャムを一緒に見た。2人でグッズグズに泣いた。さっきまで「よし、6人応援するぞ!」ってそれぞれこういうとこ頑張って欲しいよなとか前向きな話までしてたのに、クロニクルのヘブンリーのとこ見たらもう「なんですばるくんやめちゃうん?」って泣くことしかできひんかった。6人のヘブンリーをライブで見たあとやったから余計にアカンかったね。傷口を自らえぐりにいったようなもんやったね。でもこんなクロニクル1人じゃ絶対見られへんかったやろからあの時同じ気持ちで見られてよかった。関ジャムも1回見たことあるのに初見かしらってくらいに泣いた。にじいろのセッションのすばるくんが楽しそうに歌うのが胸を締め付けてきて無理だった。あとLIFEでしこたま泣いた。

 

札幌でエイターって叫んで欲しかったなって。ほんまやったらあの場にすばるくんおったはずやったのになって、そう思ってまた泣いた。ほんまやったらって何?って感じやけど、今がほんまなんですけど。めちゃくちゃ矛盾してる。だからしんどいねんなぁ。

 

確実に1歩踏み出した。いいライブを観た。

その夜は泣き疲れて寝た。

そんな札幌初日だった。

言葉はさんかくでこころは四角だな

こんばんは。

 

最近寝る前にすばるくんと関ジャニ∞のことを考えて眠気がどこかへ行き寝不足になり、眠れたと思ったら夢にまで出てきて泣きながら目が覚めるみたいな日を過ごす頻度が増えてきました。

 

そろそろ心が限界なのだろうと思います。

そこで「今の気持ち」という題で作文を書きたいと思います。

ブログタイトルはくるりの曲です。

心で思ってることは半分くらいしか言葉にできない的な意味だったと思います。

ほんまそれやなと思ってタイトルにしてみました。

 

自分で題を「今の気持ち」って決めたものの混沌としていてどこから書けばいいのか迷いますね。だから文にしてみようと思ったのです。

インタビューを受けてるつもりで考えたら1番最初に出てくるのはやっぱり「すばるくんやめんとって欲しいな」「なんで辞めてまうんかな」です。もちろん他にも色々あります。ただ長いのか短いのか分からないですけど、これだけ時間が経ったにも関わらずそこからは動けずです。

 

なんでそう思うのだろう。

 

すばるくんは今後の人生を考えた時に音楽を突き詰めたいと思ったからジャニーズ事務所を退所する。それに伴って関ジャニ∞も脱退という形になる。

そういう言葉を何回見たり聴いたりしたことか。

 

それは関ジャニ∞にいながらでもできるかできないかで言うとできなくはないとすばるくんは答えたけども結論は辞めると。すばるくんは命がけで関ジャニ∞をやってきたと会見で言ってて、すばるくんの命は1つしかないから関ジャニ∞と音楽の追求を同時に命がけでやることはできないということを言いたいのかなと受け取りました。

言ってることは分かるけど言葉が綺麗すぎてなんかしっくりこないというか、あまりに理想的な表現で現実的な感じがしないというか、なんか兎に角納得できなくてモヤモヤしていました。最初はショックで受け入れ難いからモヤモヤしているものだと思っていたけど、強い悲しい感情が落ち着いた後もそのモヤモヤはずっとあってこれは時間が解決するモヤモヤじゃないのかもしれないと思っていました。

 

そこでちょっと最近自分の中で引っかかったことがあって、スバラジですばるくんが「ストリングスがあんまり好きじゃない(自分の歌でその役割を担いたいから)」と発言したことがあって、あぁそういうことかなと思うようになりました。

 

今思い返せば以前スバラジで「必死になってダンス踊る良さが分からへん」的なこと言ってたりとか、映画の番宣での態度で謝罪文書いたこととか、いつからかオモイダマの力のこもってない歌声の感じとか、歌番組であんまり踊る気ないんかなっていうパフォーマンスだったりとかそういう違和感は今まであったなって思いました。今思えば元気が出るライブのオーラス挨拶でも、8人だろうが7人だろうが6人だろうが関ジャニ∞関ジャニ∞ですって言ってたのも大倉が休む休まへん関係なくすばるくんの想いだったのかなとか、それはちょっと都合よく解釈しすぎかもしれないですけど…。

 

ファンになってから今まですばるくんは嘘がつけない人だなという風に見ていました。何が嘘で何が本当かなんてファンには分からんものだとは思いますが、これといった根拠はないけど直感でそう思っていました。だからこそその違和感に説得力があって、私の知らんところや気づいてないところにもそういうのが散らばっててそれらも含めて、今後の人生とアイドルの人生を考えた時に今回の決断に至ったのだなと自分の中で腑に落ちました。

そう思うようになったらすばるくんが会見でこの決断に至ったキッカケを問われた時に「キッカケというものは特になくてこの21年間全て」と言ったことにも納得できるなと思ったし、すばるくんソロコン生き生きしすぎててどっかいってまいそうやなって勝手に自分で思ってたのもしっくりきました。

 

あとは、すばるくんが自分でやりたいと思うことがより強くなってもうグループではいられないと判断したのかもしれないと思いました。ストリングスの役割を自分の歌でやりたい!と言っていたところから考えたら、もちろんグループでは自分の意見だけを通す訳にはいかないし、自作の曲はいくつかあるとはいえ、楽曲を提供してもらってそれらを咀嚼してアウトプットするということがほとんどなのでそんなに自由度はないから、音楽を追求したいすばるくんにしたら今の状況はとても窮屈なのかもしれないなと感じました。

 

だったら、自分たちで作った曲でCD出すことを目標にしたり、グループを拠点にソロで活動したりしたらいいのになって思ってしまうけれど、そういうことじゃないんだろうな。そういうレベルの話ではないのでしょう。

 

だから最初に「すばるくん辞めんといて欲しいな」って思うって書いた自分の気持ちはもちろんあるけど、でも「頑張って欲しいな」っていう気持ちがあの日よりは素直に出てきた感じはします。「なんで辞めてまうんかな」という気持ちは多少薄まったかなと思います。自分の中で都合のいいところに落とし込めた気でいるからです。関ジャニ∞でいて欲しいけどでもしゃあないよなっていう諦める気持ちも芽生えてきました。ファンの私ができるのは、この状況を受け止めて自分の望みを諦めて応援し続けるか、もうファンを辞めるかのどっちかを選ぶことくらいしかないです。できれば辞めたくないからどうしたらいいのかこうやってもがいてしまいます。

 

会見の言葉で納得できなかった私は、今こうやって自分で見つけたヒント的なものを頼りにいかに諦めるのにしっくりくる理由がつけられるかってやってるけど、結局でも私が1番知りたいのって本当に野暮ですけど、関ジャニ∞のメンバーが「しつこすぎるくらい止めた」とか「疑問は全部ぶつけた」っていう時のそのすばるくんの答えをすばるくんの口から聞きたかったなってところだと思います。それが聞けたら今より納得できるのではないか?と思うからです。本当に野暮です。たまに自分がアイドルのファンやってて欲まみれで嫌になる時があるんですけど今がまさにそうです。せめてすばるくんの言葉で諦めさせて欲しいなと思ってしまいますね。

 

もう1か月を切ってしまったな。

GR8ESTアルバム買ったのに袋からも出せていません。

7月14日までこのままなのでしょうか。

2018年4月15日

思うことを書いてみました。

駄々をこねさせてください。

 

2018年4月15日午前11時すばるくんがジャニーズ事務所を年内で退所することを記者会見で発表しました。それは必然的に関ジャニ∞から脱退することを意味していました。

 

今でも信じられません。関ジャニ∞が7人から6人になるなんて。すばるくんが関ジャニ∞じゃなくなるなんて。

 

驚くことに涙がひとつも出ません。

 

なんでやろう、受け入れたくないからかもしれないです。

もうこの気持ちの落としどころは決まっています。

6人体制の関ジャニ∞を受け入れて応援していくこと、渋谷すばるさんの活動を応援していくことがゴールです。

そうしなくちゃいけない、はやくそう思えるようになりたいと心の片隅の方で思っています。

でもそうすると今まで、今も大好きな7人の関ジャニ∞が過去になってしまう気がして直視できません。

 

 

記者会見を見てドラマみたいやなと思いました。

すばるくんの言葉を聞いて、音楽を学びたいと。

海外を拠点にして活動をしていきたいと。

それは関ジャニ∞というグループに所属していながらでも出来ないことではないと。

それでもジャニーズを関ジャニ∞を辞めてまでやりたいことがすばるくんの中にあるのだなと感じました。

ただ質疑応答では具体的な場所も決まっていないし活動内容も方向性がまだこれからといった感じの返答をしてたので、すばるくんは具体的にこれがしたい!という感じで辞めるのではないんだと思いました。ほんとに意思が固まってすぐの発表だったのだなと思いました。

すばるくんには海外で音楽の勉強をしたいという漠然とした思いがあるけれども、どこで何をどんなふうにやっていくか具体的にはまだ固まっていなくて、でもそのすばるくんのやりたいことは、関ジャニ∞の中にはないということは事実やから辞めるんやでって言われてる気がして本当に辛い。

 

私は最近の関ジャニ∞はいい空気で、バンドもだんだん固まってきてて野外フェスにまで出て、すばるくんはソロ活動もしたりして、なんていうかすばるくんのやりたいことが関ジャニ∞の活動に反映されて、やっとやりたいことができるグループになってきているのかなって勝手に思ってた。ソロ活動を本腰入れてやるのならグループ辞めそうなすばるくんが、ソロ活動だってグループにいながらあんなに楽しそうに関ジャニ∞を掲げてやってたし。だからそれで安心してた。すばるくんのやりたい事が関ジャニ∞で少しずつやけど実現できてるんじゃないかって勝手に思ってた。すばるくんいい顔してるなって思うことも多かったし。ファンやからそう見えてただけかもしれへんけど。

 

そんなことなかったのかな。

それやからこそもっとっていう欲が出てきたのかな。

最近の音楽活動が自分の中で大きいって記者会見ですばるくん言ってたしな。

貪欲で真っすぐなすばるくんが本当に大好きで、ファン思いで関ジャニ∞が大好きなすばるくんが大好き。

ずっと一緒って言ってたやん、また会いに来てくださいよって泣きながら言ってたやん。その時はそうやっただけでもう今は違うってこと?

でも6人の人生を変える覚悟もファンの気持ちも考えた上での決断って、それくらいの強い思いがあるくらいやりたい事があって羨ましいし、実際こうして行動できるところはほんまに尊敬する。

辞める時までかっこいいなんてずるい。

これからは自分の責任でどこまでやれるかやってみたいって言ってたけど私らの気持ちはどう責任取ってくれるん。

それを自分勝手で申し訳ない気持ちなんて言うからもう何も言われへん。

 

せめて大嫌いにさせて欲しかった。

すばるくんひどい!って言わせて欲しかった。

大好きで応援せざるを得ない。

行かんとって欲しい。

しんどい。

こんなん苦しすぎる。

今までありがとうなんて言われへん。

自分の願望を押し付けて酷いファンやなって思うけど。

 

 

 

ずっと関ジャニ∞にいて欲しかった。